読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

袋小路に花は咲く

読書や映画の感想

ドント・ブリーズ(2016 アメリカ)

窃盗集団の若者が大金を抱え込んでいると噂の退役軍人の家に盗みに入る話。退役軍人の老人は盲目で簡単に盗みが成功すると思った若者たちは警戒せずに忍び込むが、老人がクソ強くて、早々に一人殺される。老人はそれから急いで家の全ての脱出口を施錠し始める。老人に気付かれず殺されず、残りの二人は逃げることが出来るか!?

 

 

経済破綻しゴーストタウン化が進む街で、養育放棄の両親と暮らす不良少女ロッキーはいつの日か共にここから抜け出そうと妹に約束していたが、そのために必要な逃走資金を得られるあてはなかった。

ボーイフレンドのマネーから地下室に金庫を持っているらしい視覚障害者宅への強盗を持ちかけられた彼女はマネーと友人のアレックスの3人で真夜中に盲目の男性の屋敷に押し入る。だがその男は元・軍人であり、盲目でも超人的聴覚を持ち、侵入者の殺害も厭わない恐ろしい人物だった。果たしてロッキーとアレックスは、即座にマネーを殺害した盲人の追撃を回避して、悟られることなく静寂を保ったまま密室の家屋から脱出できるのか。

 ホラー系あまり得意ではないんだけど、この作品はドキドキとワクワクが勝ち、最後まで楽しんで観ることが出来た。このジャンルが好きな人は何が楽しくて観ているのか、自分も追体験することが出来て、それだけでもかなり貴重な作品といえるかもしれない。

サイコパスジジイの行動は全く読めないから面白い。それも人外ではなくあくまで人道を外しまくった人間ってことでリアリティがあるのも不気味な怖さで良い。主人公たちは既に犯罪を犯しているわけで、老人だけを責めることも出来ず、どちらの勝利になっても展開的にはおかしくないことがエンディングを安易に想像させずに飽きずに観ることが出来る。

監禁する老人のやばさにはエロティック的な興奮も少ししてしまったのはあまり大声では言えないけれど、この作品内に「おいおい、それはないだろw」という矛盾点があまりにもなかったのは素晴らしい点だと思う。現実の中にある非現実が何と言っても怖いわけで、もし隣に住んでいるあのおじいさんもこの作品と同じような老人だったら…なんて想像するだけで怖い感覚が蘇ってくる。

twitterで予告編が字幕付きで拡散されて、かなり話題になったのだけど上映館はそこまで多くなくて、今回円盤が出て多くの人の目に触れる形になってくれて良かった。レンタル等でもきっと話題のコーナーに置かれているはずだし、ここはひとつ皆手に取ってみてもらいたい。(おしまい)

 

4.7点/5.0満点中