読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

袋小路に花は咲く

読書や映画の感想

ヒドゥン・フェイス(2011 コロンビア)

 

ヒドゥン・フェイス [DVD]

ヒドゥン・フェイス [DVD]

 

 

 2011年のコロンビア・スペイン合作のサスペンススリラー映画。ストーリーは以下の通り。

スペインの若手指揮者アドリアンは、コロンビアの交響楽団からの誘いを受け、恋人ベレンとともにコロンビアに移住、郊外の屋敷で暮らしていたが、ある日、ベレンが動画メッセージを残して失踪してしまう。傷心のアドリアンはバーの女店員ファビアナと恋に落ち、2人はアドリアンの屋敷で暮らすようになる。ところが、ファビアナは異様な物音など様々な異常現象に襲われるようになる。一方、アドリアンからの届け出でベレンの行方を追っていた警察はアドリアンを疑っていた。そんなある日、ファビアナは床の穴に落ちていた鍵を見つける。

実はベレンは、屋敷の持ち主エンマから教えられていた完全防音の隠し部屋にいたのだ。アドリアンの浮気に悩んでいたベレンは彼の気持ちを確かめるために失踪を装って隠し部屋に潜み、そこからアドリアンの様子を観察するつもりだったのだが、慌てていたために鍵を持たないまま隠し部屋に入ってしまい、出られなくなっていたのである。ファビアナが聞いた怪しい物音などの現象は、助けを求めるベレンが発した声や音であり、ベレンアドリアンとファビアナの関係をつぶさに見ていたのだ。そのことに気付いたファビアナは、自分の見つけた鍵が隠し部屋のものであることにも気付き、ベレンを助け出そうとするものの、思い直してそのまま放置してしまう。

ベレンを放置したことに罪悪感を抱くファビアナに、かねてよりファビアナに想いを寄せていた担当刑事ラミレスがアドリアンの浮気現場を隠し撮りした写真を届ける。そして、ベレンからの反応がなくなったことに不安を感じたファビアナが隠し部屋に入ると、そこには横たわったベレンがいた。ファビアナが近づくと、ベレンはファビアナを殴り倒して鍵を持って部屋を飛び出し、ファビアナを隠し部屋に閉じ込める。ベレンは隠し部屋の鍵と思い出の写真を残して姿を消す。隠し部屋の中に残されたファビアナは扉となっているマジックミラーの内側から助けを求めようとする。

 

「隠し部屋に閉じ込められる」ってだけの1アイデアをよくここまで面白く落とし込めたことに驚嘆の一言。途中までの出来事を、ベレン視点から見直すという構成が面白かったのと、女性の情愛絡んだ争いが丁度いい塩梅だった。

最後はベレンにとってはハッピーエンドだけど、ファビアナにとってはバッドエンドで、きっとファビアナは見つけてもらうことはない気がするし、恐怖で幕を閉じた。

目の前でセックス見せつけられて、それもなぜか秘密の部屋はスピーカーついてるっていう神仕様に笑ってしまった。あんな部屋、マイホーム建てるときにはほしくなるのが男心というもので、完全防音の鏡を通して外側がのぞける仕組み最高すぎませんかね。

寝取られるわ、気付いてもらえないわ、無視されるわ、絶望感が観ている側にもはっきりと伝わって、緊張感半端じゃないスリラー映画だった。ベレンの聞こえないツッコミがクスりと笑えた。特にベッドで跳ねているシーンで「5歳児かっての」って呆れ顔で言うのが面白かった。

サスペンスにホラーにラブストーリーが絶妙に組み合わさった良作でした。面白かったです。(おしまい)